叱るのは前時代的!?部下の成長は上司の勤め

叱ることは決して悪いことではない

新しく入社した部下を一人前に育てるべく奮闘する上司ですが、若い子は叱るとふてくされたりやる気がなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。確かに叱ることは悪いことではありませんが、ちゃんと理由も説明していますか?人によって覚えが速かったり遅かったり様々です。部下は部下でも一人の人間ですので、一人ひとりに合った指導を心がけるとより早く成長するでしょう。自分が叱られて育ったからといって部下も同じとは限りませんからね。

会社の悪い習慣は教え込まない

それぞれの会社ごとにいい所と悪い所が存在しますが、悪い所を教え込む会社が多いと思いませんか?サービス残業はもちろん意味のない朝礼や声だしなど、挙げればキリがないですよね。いつか部下が一人前になり新入社員の教育係についた時に悪い風習を教えないためにはまず今部下に強要しないことが大事ではないでしょうか。成長とはただ仕事を覚えるだけではなく、効率よく短時間で仕事を回せるようになって一人前になったといえるでしょう。

これも時代の流れ・・コミュニケーション

せっかく入社してきた新入社員に辞められないよう教育係は四苦八苦していることでしょう。その中で大事なのがコミュニケーションで、何でもかんでも怒っていると新入社員からの信用もなくなってしまいます。最近では飲み会を断る子も少なくありません。断られたからといって頭ごなしに否定したり飲みに来た部下だけを贔屓すると今後どうなるか分かりません。社員自身が会社の評判を各サイトもいくつか存在しますしね。一人の人間として向き合ったほうが会社の成長にもつながるのではないでしょうか。

ビジネス上の複雑な手続きを自動化することをワークフローと呼びます。通常、内容や手順を流れ図としてわかりやすくまとめます。