自営業を始める前にしておいた方がよい準備とは?

節約に気をつけて貯金をしておく

基本的なことではありますが、自営業を始めると、最初は収入が不安定になる可能性がどうしてもあります。これからスタートする事業がどのようになるか、完全に予測することはできませんので、仕方がないですよね。たとえ自営業開始直後の収入が予想よりも少なかったとしても、しばらくの間生活できる貯金があれば、じっくりと仕事に取り組むことができます。仕事で成功するためには、安心感も必要ですので、できるだけ多くの貯金をしておきましょう。

引越しをするなら先に済ませておく

もし自営業を始める前に引っ越しをしたいという希望があるのなら、前の会社を退職する前に引っ越しをしてしまった方がよいでしょう。というのも、自営業を始めたてのときは、賃貸住宅を借りるにも、選べる部屋の選択肢が大幅に狭まってしまう可能性があるのです。収入の証明をするには、基本的には確定申告の書類が必要となりますので、自営業1年目の途中では用意できませんよね。新しい仕事が安定して軌道に乗るまでは、何かと不便があるかもしれませんので注意しましょう。

最初から青色申告の手続きをしておく

自営業をする人は毎年必ず確定申告をしますが、開業届を出して青色申告にしたほうが有利になります。どのみち支払わなければならない税金ですので、できるだけ節約したいですよね。ところが、確定申告の時期が来てから急いで準備をし始めると、意外と大変で仕事に影響が出てしまう可能性もあるのです。専門家に任せると費用がかかってしまいますので、開業届を出すときに同時に青色申告の書類も出してしまったほうが後々やりやすくなります。

全てを個人でまかなう通常の起業開業に比べて、フランチャイズは加盟者の成功確率が高いことで知られています。前者が5年後生き残っている確率は20%強に過ぎませんが、後者においては70%を越えます。