eラーニングで学んだ者が、これからのスタンダードを創造する!

今日の学習スタンダードはeラーニング

インターネットを活用した学習形態のeラーニングは、ネットが普及した今日、手軽なことから受験以外に様々な分野で利用されています。eラーニングという言葉が1999年11月にアメリカで誕生するまでは、オンラインラーニングや遠隔教育など様々な名称で呼ばれていましたが、現在はこれらを総称して使用されています。eラーニングはビジネスの分野でも重宝され、新人研修など企業で取り入れているとこはもちろん、在学中にeラーニングを使って生徒に社会の心得を学ばせる学校も増えています。

入社式後の社員研修では出遅れます

従来までは新人研修で行われていた社員教育を入社式が始まる前に各自でeラーニングで学ばせ、入社式後の社員研修では新入社員の成果が試されます。eラーニングで全てのことを学ぶことは出来ませんが、eラーニングから波及して吸収する能力を持つ者でないと競争社会で勝ち抜くことはできません。企業には各社の特色があり、各社の特色に適したeラーニングを採用することで新人社員に各社の特色を教えられ、新入社員に営業職を育成する場合はセールスeラーニングを学ばせるなど、適材適所でeラーニングは活用されています。

eラーニングはコスト面でも優秀

企業によっては転勤や出向がありますが、eラーニングで学ばせることで社員は知識や方向性を共有することや時間に制限なく学習が可能なため、繰り返し勉強することも、自宅で勉強することも、集団で勉強することもできます。製造をメインに行ってきた企業は、営業力が乏しく業績を伸ばすことに苦慮していますが、eラーニングでは新規顧客へのアプローチ方法・売り上げやコストへの意識を高める営業マインドの整え方・提案書の作成方法なども習得できるので、わざわざアドバイザーを招く必要もないためトータルコストを抑えることも可能です。

eラーニングはインターネットを利用した学習形態の事を言い、空いている時間に勉強する事ができ自分のレベルに合った学習をする事が出来ます。