ストレスチェックの意味は?!正しい認識のもとに実施すること

社会の変化で社員に変化が訪れた

最近は心療内科を受診する社会人が多くなっています。会社でのストレスによって不眠症になったり、またうつ病になったりと精神的な疾病にかかる人が多くなっているためで、会社の働き方が変化してきたことがひとつの理由としてあげられます。どんなことでも頑張って働いていれば年功序列で偉くなり給与が増えて終身雇用されるという環境から、それらの制度が崩壊して個人個人の実力主義においてのみ、昇給や雇用の継続が約束される社会になってきたからです。

ストレスチェックで社員の確認

そのため企業で働く人には常にプレッシャーがかかりストレスを感じて仕事をしています。そしてそれが理由で精神疾患になる人が顕著になってきたことを受けて、ある一定の従業員を抱える企業にはストレスチェックを義務づけたのです。しかし従業員の数に関わらず、昨今の傾向を鑑みて自ら積極的に社員教員をおこない、ストレスを軽減する動きのある企業も出てきています。ストレスチェックをおこない問題がある社員に対しては個別に対応をおこなって働き方の改善に取り組んでいます。

よりよい職場を作るためのストレスチェックの実施

ストレスチェックをおこなう場合にも社員教育が必要です。何もせずにチェックをさせると、わざと悪く見せようとする人も多く出てくるようで、そのようなことがないように事前に教育をおこない自分の状態を正しく把握して、正しく対処することで疾患に陥らないための手伝いを企業側ができることを理解させることが必要なのです。勿論企業は個別に対応するものの、職場の改善、働き方の改善に企業自身が取り組むためのきっかけにもなります。

社員教育の導入事例を参考にすることで、それぞれのスタッフの興味や関心に応じてカリキュラムを組むことができます。