確定申告の青色申告って何!?白色申告とはどう違うの?

確定申告とはそもそも何か

個人で事業を行っている方(自営業やフリーランスで収入を得ている方な)にとって避けて通れないのが確定申告です。確定申告とは「毎年1月1日から12月31日までに得たすべての収入、経費、またそれによって得た所得(利益)を計算し、税金を計算、申告・納税するための手続き」の事です。いわゆる「青色申告」「白色申告」というものについては、その所得(利益)の集計・計算方法の違いから、そのように差別化されて呼ばれています。

青色申告は白色申告とどう違う?

青色申告とは、原則として「複式簿記方式」により毎日の取引を帳簿へ記録し、それに基づいて所得を申告する制度です。白色申告との違いはこの「複式簿記方式」を採用するという点が一番大きな違いになります。単式簿記での帳簿で良い白色申告方式と違い、青色申告では、白色申告に比べて複雑な帳簿を作成しなければならない、という点や、帳簿書類を長期間に渡り保管しておかなければならないなど、白色申告に比べていくつか手間がありますが、その代わりに特別控除が受けられるなど、様々な税的優遇の制度が用意されています。

青色申告を行えるようにしましょう!

先ほどご説明した「複式簿記」という点を含めて、青色申告は非常に面倒で手間が掛かるようなイメージがありますよね。ですが、青色申告の要件で求められている内容はしっかりとした事業収支を計算する上で全て必要なものとなっています。個人事業主であればなおのこと、お金の出入りに関しては厳密に見ていくことが大切ですから、「しっかりした体制を作るオマケとして税制優遇が受けられる」と考え、青色申告を積極的に用いていくことが重要です。青色申告には予めの申請書類が必要ですので、お忘れなきように!

青色申告とは、複式簿記方式によって毎日の取引を帳簿に記録し、それをもとに所得の申告を行うことです。税務署に申請書類を提出して承認を受けることが条件になります。