自営業・自由業必須!手間がかからない白色申告

確定申告はどうすればいいんだろう?

自営業や自由業の方、確定申告をしていますか?確定申告は自分の収入を再確認でき、正しく税金を納める方法です。そして時と場合によっては一度納めた税金が戻ってくる場合があるので、やり方を知らないとそれだけ損することになります。しかし、確定申告をしろと言われても具体的にはどうすればいいのかわからないという人がいるかもしれません。このコラムでは、主に白色申告の記入の仕方と、もう一つの確定申告の方法である青色申告との違いについて説明していきたいと思います。

白色申告の際に必要な書類

まず白色申告を行う上で必要になってくる書類があります。収支内訳書と確定申告書です。この書類は確定申告の時期(2月中旬から3月中旬)が近づいてきたら最寄りの役所を訪問してもらってきましょう。収支内訳書には出費したものを総計を記載するのですが、何を購入したかを経費で記載する必要があるので、これは仕事の都合上必要だと思った物は必ずレシートを保管しておきましょう。後は経費と計上したものと通信費や交通費などを記載していけば大丈夫です。確定申告書を提出するときに、3つ用意しなければならないものがあります。源泉徴収書と支払調書、所得控除に必要な控除証明書の3種類です。源泉徴収書は給与所得先から、支払調書は取引先から送られてくるものですが、支払調書についてはなくても大丈夫です。ただしその場合は自分で収入と源泉徴収額を計算する必要があります。そして控除証明書は例を挙げると年金の支払いや保険料などが該当します。あとは書類に必要事項を記載すればいいだけです。もしわからないというのであれば役所の方に聞いてみても大丈夫です。

白色申告と青色申告の違い

では、白色申告と青色申告はどのような違いがあるのでしょうか?申告書の作成の仕方だけで言えばそれほど大きな違いはありませんが、青色申告の場合複式簿記の記入の仕方をする分手間がかかりますが代わりに節税をするという意味では青色申告のほうが節税効果が高いです。ただしその場合事前に税務署に申告しておく必要があります。白色申告は青色申告以外の人が行うもので、特別な控除がない分記載に手間がかからない、というメリットがあります。

白色申告とは確定申告の時に必要な書類の事で、収支内訳書と確定申告書Bそれぞれ所得が300万円以下の事業所含め記帳、帳簿保存が義務づけられたものです。